写真を管理する方法は複数ある

>

急にパソコンが壊れても良い対策

パソコンの寿命を把握しよう

長年会社で使っているパソコンは、寿命が近い可能性があります。
仕事をしている時に、急に壊れるかもしれません。
パソコンで写真を管理するのは良い方法ですが、パソコンは壊れてデータを失うリスクがあります。
リスクを少しでも軽減するために、バックアップを取るのがおすすめの方法です。
パソコンに写真を入れたら、データをコピーしてUSBメモリなどに入れておきましょう。

するとパソコンが壊れても、別のパソコンにUSBメモリを繋げると写真を見られます。
仕事で使う写真は、紛失しないよう管理しなければいけません。
仕事用のUSBメモリを、購入しておきましょう。
USBメモリには、容量があります。
写真の枚数に応じて、ふさわしい容量のUSBメモリを買いましょう。

何年保管していれば良いのか

これから使うのか分からない写真も、いくつか出てくると思います。
使う時に無いと困ります。
しかし、もう使わない写真を保管していても無駄だと感じるでしょう。
まずは、3年ほど保管してください。
その間に使い道がなかったら、削除しても良いと思います。
たくさんパソコンで写真を管理できるといっても、枚数が多いと管理が大変になります。

3年が経過したら、バックアップのデータからも削除して良いと思います。
管理しやすいよう、写真を定期的に整理するのが良い方法です。
するとスムーズに仕事で使う写真を見つけることができるので、早く作業が進みます。
3年以上経過しても使い道がなかった写真は、これからも使わない可能性が高いので削除しても大丈夫です。